パートナーが支払いを行った経費の領収書については、企業/パートナーのうち、「経費として計上する側」に原本保存義務があります。

本来企業が負担すべき経費の場合は企業側で経費として計上し、企業側で領収書の原本を回収し保存を行うことが原則です。個別の経費項目の計上方法につきましては、企業は貴社担当部署・パートナーは発注企業にご確認ください。

領収書の電子帳簿保存法に関する取り扱いについては、[2022年1月以降のpastureの電子帳簿保存法対応について]の記事をご覧ください。

回答が見つかりましたか?