【概要】

pastureではタスク作成時、パートナーを役割別に複数名設定することが可能です。

それぞれのパートナーについて説明します。

 

  

【パートナーの種類】

パートナー

タスクや請求書に関する全ての操作が可能なパートナーです。

タスクの開始~提出までと請求書の作成・申請が可能です。

 

パートナー(参加)

タスクを閲覧できるパートナーです。

タスク金額にかかわる部分の閲覧および請求書作成はできません。

タスクの操作はアクティビティログへの書き込み、およびチェックリストの閲覧・チェックが可能です。

 

 

パートナー(タスク実行)

タスクの開始から提出までを行うパートナーです。

タスク金額にかかわる部分の閲覧および請求書作成はできません。

タスクの操作は、タスクの開始〜提出、アクティビティログへの書き込み、およびチェックリストの閲覧・チェックが可能です。

 

 

【権限比較】

各パートナーの権限比較表はこちらをご覧ください。

以上です。

 

 

回答が見つかりましたか?