【概要】

エージェント機能は、エージェント企業を経由したパートナーへの発注ができる機能です。タスクを依頼するパートナー(=パートナー)と、タスクを実行するパートナー[=パートナー(タスク実行)]を別々に選択することができます(=エージェント機能)。タスク実行者に対して、金額を見せずに、タスクの開始からタスク提出をしていただけます。

  

【権限比較表】

  

【パートナー企業×エージェント機能】

パートナー企業とエージェント機能をあわせてご利用いただくことで、同じパートナー企業内に所属している方に、金額を見せずにタスクを実行いただくことが可能です。

(例)

AさんとBさんは同じパートナー企業に所属しています。

・ Aさんのパートナー企業の役割:マスター

・ Bさんのパートナー企業の役割:メンバー

このとき、

・ Aさんが「パートナー」

・ Bさんが「パートナー(タスク実行)」

としてタスクを受けた場合、

・ タスクの受領:Aさん

・ タスクを開始~提出:Bさん

パートナー企業の請求書作成および申請:Aさん

となります。

※Bさんはタスク金額を閲覧することや、パートナー企業の請求書閲覧はできません。


メモ:パートナー企業の役割が「マスター」または「請求書管理」の方を「パートナー(タスク実行)」に指定した場合は、パートナー企業の請求書が作成でき、金額の閲覧も可能です。


    

以上です。

 

 

回答が見つかりましたか?