【概要】

パートナースケジュール機能とは、パートナーが稼働できる日程を入力し、入力した日程を元に企業がタスクを依頼する機能です。

【補足】

こちらの機能を利用するためには企業側で有効化が必要です。招待元企業によっては利用されないこともございます。その場合、パートナー側で操作はできませんのでご了承ください。

 


【目次】

1. スケジュールを入力する

2. タスクを受領する

■ 入力したスケジュールを編集する


 

1. スケジュールを入力する

企業から下記のスケジュール登録依頼の通知が届きます。


メモ:メールタイトルの■に企業担当者名、●には設定期間、メール本文の緑枠に企業からの依頼メッセージが入ります。

メール件名:「■■がスケジュール報告を依頼しました【対象期間:202●年●月●日〜202●年●月●日】 」


1-1. [スケジュールを報告する]をクリックします。

1-2. スケジュール編集画面が表示されます。


メモ:当月を含む月の入力フォームが表示されます。左上より入力月を選択できます。当月を含む3ヶ月間の入力が可能です。


1-3. 区分ごとにショートメモ・空き状況・備考を入力し、[スケジュール変更を保存]をクリックします。
入力した内容が企業側で閲覧できる状態になります。企業側からの発注(=タスク依頼)を待ちます。


メモ:

  • [区分]の表示名は企業側で設定するため、企業ごとに異なります。

  • ショートメモ(上段)は11文字まで、備考欄(下段右)は30文字まで入力可能です。

  • ショートメモや備考の入力内容については、企業担当者へご確認ください。


  

2. タスクを受領する

企業側からタスクが依頼されると通知が届きます。

通常のタスクと同様に受領します。詳しくはこちらをご覧ください。

 

■ 入力したスケジュールを編集する

画面右上のお名前ボタン>設定>企業一覧>スケジュール から編集できます。


メモ:企業側で本機能を有効化していない場合、[スケジュール]にリンクが表示されません。


以上です。

回答が見つかりましたか?