【概要】

pastureでは支払明細書を作成できます。

※有料オプションです。ご希望の方は弊社までお問い合わせください。

 

【補足】

  • 発行された支払明細書は、支払調書に反映されます。
  • パートナー企業への送付はできません。
  • 上長・経理承認はありません。
  • 支払明細書には電子印影が付きません。

【目次】

  1. 支払明細書を作成する
  2. 支払明細書を編集する
  3. 支払明細書を削除する
  4. 全銀データをダウンロードする
  5. データをエクスポートする

 

1. 支払明細書を作成する

1-1. 画面上部の[支払明細書]ボタンをクリックします。

支払明細書一覧画面が表示されます。

 

1-2. 支払明細書作成ボタンをクリックします。
支払明細書の作成画面が表示されます。

 

1-3. [サンプル]をクリックし、インポート用のcsvをダウンロードをダウンロードします。

 

1-4. ダウンロードしたCSVに支払明細情報を入力します。


メモ

  • 1行目の項目は編集しないでください。データ取り込み時にエラーとなります。
  • 一度に取り込めるのは100件までです。
  • 明細No:CSV取り込み時、明細No.に同じ数値が入力された品目は1枚の支払明細書としてまとめられます。
    同じ明細No.が入力された品目の、「タイトル、パートナーID、発行日、支払期日、担当者ID、源泉税の有無、備考」については、一番上の行に入力された情報が他の品目にも適用されます。
    「品目、単価、単位、数量、税率」についてはそれぞれ個別に設定できます。

1-5. [ファイルを選択]をクリックし、作成したCSVファイルを選択します。

1-6. [CSVを読み込む]をクリックします。

 

1-7. [支払明細書を送信する]をクリックします。

1-8. 送信確認のポップアップでOKをクリックします。

1-9. [支払明細書一覧]画面に取り込まれた支払明細が表示されます。

パートナーにはメール通知が飛びます。画面に[支払明細書]タブが追加され、送付された支払明細書が確認できます。

パートナーが開封すると「開封」に✔が入ります。

アクティビティログにも開封の履歴が残ります。


 

2. 支払明細書を編集する

2-1. 編集したい支払明細をクリックします。

2-2. 設定>編集をクリックします。

編集画面が表示されます。

2-3. 編集したい項目を修正します。
品目を追加したい場合は[追加]ボタンをクリックします。

2-4. 更新をクリックします。

編集した内容が反映されます。パートナーの画面にも同様に反映されます。

2-5. [再送信]>[送信する]をクリックします。

任意でメッセージを入れます。

 

 

3. 支払明細書を削除する

3-1. 削除したい支払明細をクリックします。

3-2. [削除]をクリックします。
明細書が削除されます。パートナーの画面からも同様に削除されます。


メモ:複数の明細書を一括削除することは出来ません。


4. 全銀データをダウンロードする

4-1.全銀データのダウンロード手順にそって、手続きします。


メモ:ステータスが送信済みとなった支払明細が対象となります。


   
5. データをエクスポートする

5-1.データエクスポート内の[支払明細書(明細別)]より手続きします。

5-2.データエクスポートの手順にそって、手続きします。

  


メモ:以下の項目が出力できます。(-となっている項目は出力できません。)

  

id、タイトル、品目、金額、請求元id、請求元、カスタムid、担当者id、担当者名、

単価、数量、単位、更新日、発行日、支払期日、ステータス(送信前/送信済み)、

備考、金融機関、支店、預金種類、口座番号、口座名義、登録番号、初回開封日

  


回答が見つかりましたか?