【概要】

上長によるタスクの発注承認を有効にすると、担当者が作成したタスク(発注書)は、まず上長に申請され、上長が承認を行うと、パートナーの方にタスク(発注書)が依頼されます。

 

  

【補足】

上長は、プロジェクトごとに設定します。
上長申請済みのタスクの上長を変更することはできません。

タスク発注の上長承認を有効にしたタスクに対し、タスクの編集を上長のみに制限することができます。設定方法はこちらをご覧ください。

 

 

詳しい操作フローはこちらをご確認ください。

以上です。

 

 

回答が見つかりましたか?