【概要】

pastureでは会計freee(フリー)と連携ができます。この機能を使うと、pasture上の請求書データをfreeeに送信することができます。これにより、会計システムへの入力負担やミスを減らすことができます。

 

【利用可能権限】

  • 連携設定はユーザー権限により制限があります。
    詳しくはこちらをご参照ください。
  • パートナー様はfreee連携できません。

 

【補足】

  • pasture契約時に「連携オプション」の契約が必要です。希望する場合は、担当者へご連絡ください。
  • freeeの発生日はpasture請求書の請求日、freeeの期日はpasture請求書の支払い期日です。

 

 

■freee連携を設定する

1. pasture画面上部の[管理]をクリックします。

2. [外部サービス連携]をクリックします。

3. freee連携の[freeeと連携する]をクリックします。

4. freeeにログインします。

5. [許可する]をクリックします。

freeeと連携されます。

■pastureの”パートナー”とfreeeの”取引先”を紐づける

1. pasture画面上部の[管理]をクリックします。

2. [外部サービス連携]をクリックします。

3. freee連携の[詳細設定]をクリックします。

4.[事業所選択]から該当事業所を選択します。

5. パートナーと取引先の紐付け設定からパートナーを探し、[freeeの取引先]より選択します。

6. [更新]をクリックします。

■請求書をfreeeに連携する

1. 請求書詳細画面を開きます。

2. freee連携の[取引を登録]をクリックします。

 

3. 必要な項目を入力します。

4. [作成]をクリックします。

連携が完了します。

 

 

■請求書とfreeeの連携を解除する

メモ:freeeで[月締め]をしたあとは該当期間の請求書は連携解除できません。
メモ:freeeで[決済済み]としても月締めをしていない場合、連携を解除できます。

1. 請求書詳細画面を開きます。

2. freee連携の[取引を解除]をクリックします。

[freeeの取引が解除されました]と表示されます。

以上です。

回答が見つかりましたか?