【概要】

作業報告書とは、作業時間や作業内容を記入した書類のことです。

この機能を利用することで、企業側・パートナー側双方で抜け漏れのない作業状況・作業時間の把握を実現します。

企業ユーザーが提出方法として作業報告書を選択した場合、「作業報告書」での提出が必須になります。

【補足】

  • 1つのタスクに最大2ヶ月分の作業報告書を作成することができます。
  • 企業ユーザーは、タスクの提出前でも、現時点での稼働日数と稼働時間を確認することができます。


1. 作業報告書を作成する

1-1. 作業報告書を作成したいタスクを開きます。

1-2. 作業報告書の[作成する]をクリックします。

作業報告書作成画面が表示されます。

1-3. タイトルを入力します。

1-4. [作業時間]と[作業内容]を入力します。

メモ:[作業時間]は0:00~30:59まで入力できます。

メモ:[次月分を追加する]をクリックすると次月分が入力できます。

1-5. [更新]をクリックします。

タスクを提出するまでは、何度でも編集できます。

2. 作業報告書を提出をする

2-1. [提出]をクリックします。

2-2. 作業報告書とは別に納品物がある場合は[納品URL]または[納品ファイル]を追加します。

2-3. 実際の作業時間によって報酬が変わる場合は[修正する]より数量を変更することができます。

メモ:作成した作業報告書の合計日数と時間が表示されています。

メモ:企業ユーザーが提出時の数量変更を無効にしている場合、[修正する]は表示されません。

2-4. [提出する]をクリックします。

提出すると、作業報告書がPDFで閲覧できます。

以上です。

動画:作業報告書の作成から提出まで

こちらの動画では、作業報告書の作成から提出までをご説明いたします。

回答が見つかりましたか?