【補足】

  • ステータス変更を行うには、ステータスの変更設定を「有効」にしておく必要があります。設定方法は、こちらをご確認ください。

  • 上長や経理の承認済みの場合は、先に承認を取り消してください。
    ・上長承認の取り消し手順はこちら
    ・経理承認の取り消し手順はこちら

  • 請求書データの内容が確定し、企業ユーザーとパートナーが確認できる状態となってからは、訂正削除履歴を残して保存できます。


【目次】

  1. 請求書を修正する

  2. 請求書の変更履歴を確認する

  3. パートナーが申請する、またはステータスを[完了]に戻す


1.請求書を修正する

1-1.請求書詳細ページで[設定]>[ステータス変更]をクリックします。

 
1-2.ステータスを[作成済み]に変更し、[更新]をクリックします。
ステータスが作成済になります。

 
1-3.[設定]>[編集]をクリックします。
編集画面に遷移します。

 
1-4. 内容を編集します。


メモ:

  • タスクは、数量・単位・単価・消費税・金額の修正が可能です。タスクタイトル・品目名を修正する場合は、一度請求書をキャンセルし、タスクを編集してください。

  • 手持ち請求書の修正時は自動計算のデフォルトはOFFになります。


各項目の編集方法は以下の通りです。

  • 件名:希望の件名に上書きが可能です。

  • タスクおよび品目:不要なタスクおよび品目は[×]をクリックして解除します。追加したい場合は「タスクを追加」をクリックします。

  • 追加品目:pastureでタスクを作成していない場合は、こちらに品目を入力します。

    「追加」をクリックし、品目・数量・単位・単価・消費税・金額を入力します。

  • 経費:経費名・金額を入力し、経費の領収書を添付します。

 
1-5. 編集が完了したら[更新]をクリックします。
修正内容が反映され、請求書詳細ページが表示されます。

 
1-6. 修正が完了しました。


メモ:編集された内容は[変更履歴]にログが残り、パートナーも同内容を確認できます。変更内容、変更日で変更履歴の絞り込みも可能です。



2.請求書の変更履歴を確認する

2-1. 変更履歴を確認したい請求書をクリックします。

2-2. 変更履歴をクリックします。

変更履歴の詳細(変更内容、改訂年月日)が表示されます。

2-3. 絞り込みをクリックします。

2-4. 変更内容、変更日を入力し、検索します。

変更履歴の絞り込みが可能です。

3.パートナーが申請する、またはステータスを[完了]に戻す

修正した請求書は再度パートナーが申請、あるいはステータスを[完了]に変更します。
どちらの方法で対応するかは、社内の規定をご確認ください。

 
<再度パートナーに申請いただく場合:パートナーの画面イメージ>

 
<企業側でステータス変更する場合:企業担当者の画面イメージ>

 

回答が見つかりましたか?