pasture上では、あらかじめクラウドサイン で作成したテンプレートを設定し、契約書を作成、送信が可能です。
送信後は4つのステータスで契約書の状態を管理ができます。
この記事では、pasutreでの契約書の作り方、ステータスの紹介をいたします。

契約書の作り方


テンプレートの登録(テンプレートを利用の場合)
※クラウドサイン上で閲覧できる、「公式テンプレート」と「オリジナルテンプレート」のうち、「オリジナルテンプレート」のみがpastureのテンプレート選択画面に表示される仕様となります。

※pasture上で送信をしますと、クラウドサインで選択した宛先は無効になります。
pastureの画面で選択をした宛先が有効になります。

パートナーへの契約書送信

1. 「契約書」⇒「契約書を作成」をクリック


2. 内容を入力後、作成ボタンを押すと、クラウドサインよりパートナーへメールが配信されます。
※書類の種類について
「ファイル」手持ちの契約書をアップロードできます(pdf形式のみアップロード可能)
「テンプレート」クラウドサインに保存しているテンプレートが表示されます。

※書類を複数の宛先に送付したい場合は、「宛先を追加」ボタンをクリックし、該当者を追加します(追加上限10名)
また、こちらは一斉送信機能ではなく回覧機能のため、宛先の上の方から順に回覧がまわります。

3. パートナー確認・合意後、PDFが届きます

契約書のステータス

却下」パートナーに却下された状態
先方確認中」パートナーが確認中の状態
締結済」締結が済んでいる状態

契約書へのアクション

確認する」クラウドサインに飛び、内容を確認します
同期する」最新の状況に更新します ※自動更新はされませんので、手動で更新ください
却下する」企業で取り下げる場合に使用します
リマインドする」パートナーに契約書送付の旨を再通知します

補足

パートナータブから、パートナー個人が結んでいる契約書を確認することも可能です。
「パートナータブ」<該当のパートナーを選択<「契約書」を選択。

ご不明な点があれば、右下のチャットよりお気軽にご連絡くださいませ。

回答が見つかりましたか?