【概要】

タスクの繰り返し発行機能を使用することにより、例えば毎月、同じ内容で発生するタスクを1度の設定で発行を自動化することが可能です。

 

【補足】

定期タスクはプロジェクト内外かかわらず、コピーできません。

数回分まとめてタスクを発行したい場合は定期タスクでなく、タスクの一括作成をご利用ください。

タスクの一括作成についてはこちらをご覧ください。

 

  
 
■定期タスクを作成する

1.  プロジェクト内のタスク一覧画面で[タスクを作成]タブを開き、[定期タスクを作成]をクリックします。

2. 定期タスク作成画面が表示されるので、通常のタスク作成と同様に必要事項を入力し、【作成】をクリックします。

 

メモ:以下は通常のタスク作成と異なる項目です。

タイトル:「案件A」と入力した場合、例えば1月に発行されるタスクは「案件A_1月」のタイトルになります。

作成日:毎月の入力した日付にタスクが作られます。(1日と入れると、毎月1日にタスクが作られる)

納期:毎月の入力した日付にタスク締切日が設定されます。(31日と入れると、月末に締切日が設定される)

検収日:毎月の入力した日付に検収日が設定されます。締切日より前の場合は、締切日の翌月に設定されます。

 

 

3. 作成した定期タスクは、タスクの[テンプレート一覧]で確認できます。

4. 毎月、設定した作成日の午前8時に自動でタスクが作成されます。パートナーへの依頼通知と、パートナー側の画面表示も自動的に行います。

 

 

■定期タスク作成の影響

タスクは事前確認なく、自動で発注されます。契約が切れて発注が不要になった場合は、トラブルにならないよう必ず繰り返し発行を削除してください。

以上で定期タスクについての説明は完了です。

 

 

回答が見つかりましたか?