A:品目名や備考欄などのフリーテキストの部分については英語での表記も可能ですが、請求書のフォーマット自体は日本語になります。また、円での対応になります。


回答が見つかりましたか?