【概要】

パートナー情報・発注書・請求書データ等をCSVまたはPDF形式で出力できます。

  

メモ:削除済み請求書は出力されません。

 

【利用可能権限】

この機能はユーザー権限により制限があります。
詳しくはこちらをご参照ください。


【目次】

■エクスポートできる項目

■データエクスポートする

■エクスポートカスタマイズする


 
■エクスポートできる項目

エクスポートできる情報は以下のとおりです。


メモ:エクスポートカスタマイズのプリセットとしてセットされている項目と同じです。


  • パートナー一覧csv

  • 企業ユーザー一覧csv

  • *ログインなしパートナー覧csv

  • 発注書PDF/csv

  • 発注書(品目別)csv

  • 請求書PDF/csv

  • 請求書(明細別)csv

  • *支払明細書PDF

  • *支払明細書(明細別)csv

  • *請求書(MF会計専用)csv

メモ:「*」の付いた項目はオプション機能のため、ご利用状況によっては表示されないことがあります。


パートナー一覧

ID、名前、屋号/名前、職種、郵便番号、住所、メールアドレス、

twitter、Facebook、Github、Instagram、webサイト、自己紹介、

クラウドサイン(契約書タイトル)、クラウドサイン(契約書ステータス)、

ファイル名、ファイルに関するメモ、電話番号、課税事業者登録番号、

(国内)金融機関、(国内)金融機関コード、(国内)支店、(国内)支店コード、

(国内)預金種類、(国内)口座番号、(国内)口座名義、

(海外)金融機関、(海外)支店、(海外)預金種類、(海外)口座番号、(海外)口座名義、

通知メールの受信、デイリーメールの受信、

Slack連携、チャットワーク連携、LINE連携、

FREENANCE連携、本人確認、反社チェック、損害保険、

パートナー企業、パートナー企業(役割)、カスタムID、メモ、

発注単価(税抜)、数量、単位、源泉所得税、源泉所得税(経費)、

請求情報入力の催促通知、請求情報入力の催促日、

請求情報の修正リクエスト、請求情報の修正リクエスト日、

アカウントステータス、登録完了日

企業ユーザー一覧

ID、名前、メールアドレス、役割、部門、部門コード、ステータス、

通知メールの受信、デイリーメールの受信、

Slack連携、チャットワーク連携、LINE連携

ログインなしパートナー一覧

ID、名前、屋号/名前、郵便番号、住所、カスタムID、メモ、電話番号、課税事業者登録番号、(国内)金融機関、(国内)金融機関コード、(国内)支店、(国内)支店コード、(国内)預金種類、(国内)口座番号、(国内)口座名義、(海外)金融機関、(海外)支店、(海外)預金種類、(海外)口座番号、(海外)口座名義

発注書

ID、タスクタイトル、プロジェクトID、プロジェクト名、パートナー種別、パートナーID、パートナー名、

パートナーのカスタムID、パートナー(タスク実行)ID、パートナー(タスク実行)名、

パートナー(タスク実行)のカスタムID、担当者ID、担当者名、

発注承認者ID、発注承認者名、検収承認者ID、検収承認者名、作成日、発注日、

更新日、納期、検収日、支払い期日、ステータス、納品URL、発注額(税抜き)、

発注額(税込み)、請求額(税込み)、消費税額(8%)、消費税額(軽減8%)、

消費税額(10%)、総消費税額、備考、プロジェクトの予算   

発注書(品目別)

タスクID、タスクタイトル、プロジェクトID、プロジェクト名、プロジェクトの予算、

パートナー種別、パートナーID、パートナー名、パートナーのカスタムID、パートナー(タスク実行)ID、

パートナー(タスク実行)名、パートナー(タスク実行)のカスタムID、担当者ID、

担当者名、発注承認者ID、発注承認者名、検収承認者ID、検収承認者名、

作成日、発注日、更新日、納期、支払い期日、提出日、検収日、納品URL、

納入場所、ステータス、品目名、単価、数量、単位、消費税率、金額、

勘定科目名、勘定科目番号、補助科目名、補助科目番号、部門名、部門コード、備考

 
請求書


メモ:ログインなしパートナーに発行した「支払明細書」のデータも出力されます。


ID、請求書タイトル、プロジェクトID、プロジェクト名、タスクID、タスク名、品目名、

請求元種別、請求元ID、請求元、カスタムID、担当者ID、担当者名、上長承認者ID、上長承認者名、

経理承認者ID、経理承認者名、作成日、更新日、請求日、支払期日、ステータス、

種別、合計金額、プロジェクトの予算、合計金額(源泉徴収額含む)、請求金額、

明細小計(税抜き)、消費税額(8%)、消費税額(軽減8%)、消費税額(10%)、

総消費税額、源泉徴収額、経費小計、源泉徴収額(経費)、備考、

金融機関、支店、預金種類、口座番号、口座名義、登録番号

請求書(明細別)


メモ:ログインなしパートナーに発行した「支払明細書」のデータも出力されます。


ID、請求書名、プロジェクトID、プロジェクト名、タスクID、タスク名、品目名、

勘定科目名、勘定科目番号、補助科目名、補助科目番号、金額、

請求元種別、請求元ID、請求元、カスタムID、担当者ID、担当者名、提出日、

単価、数量、単位、消費税率、作成日、更新日、請求日、支払期日、ステータス、

上長承認者ID、上長承認者名、経理承認者ID、経理承認者名、

PDF合計金額、プロジェクトの予算、備考、部門名、部門コード、

金融機関、支店、預金種類、口座番号、口座名義、登録番号

支払明細書(明細別)


メモ:ログインなしパートナーに発行した「支払明細書」は、「請求書」および「請求書(明細別)」で出力されます。こちらの支払明細書csvには出力されません。


id、タイトル、品目、金額、請求元id、請求元、カスタムid、担当者id、担当者名、

単価、数量、単位、更新日、発行日、支払期日、ステータス(送信前/送信済み)、

備考、金融機関、支店、預金種類、口座番号、口座名義、登録番号、初回開封日

(-となっている項目は出力できません。)

請求書(MF会計専用)

取引No、取引日、借方勘定科目、借方補助科目、借方税区分、借方部門、
借方金額、借方税額、貸方勘定科目、貸方補助科目、貸方税区分、貸方部門、
貸方金額、貸方税額、摘要、仕訳メモ、タグ、MF仕訳タグ、決算整理仕訳、
作成日時、最終更新日時

 

 

■データエクスポートする


メモ:この機能はユーザー権限により制限があります。詳しくはこちらをご参照ください。


1. pasture画面上部の[管理]をクリックします。

2. [データエクスポート]をクリックします。

3. 発行したい月を選択します。


メモ:

  • 発注書の場合は作成日、請求書の場合は請求日を基準に、ステータスが[完了]となっているものが対象となります。

  • 対象月は発注書の発注日、請求書の請求日を基準に絞り込んでいます。


4. csvまたはpdfを選択します。

5.[ダウンロード用のURLを発行する]をクリックします。

6. ステータスが[完了]になると[ダウンロード]ボタンが表示されます。


メモ:完了すると通知メールが届きます。画面が[完了]に変わらない場合、画面を更新してください。


7. [ダウンロード]をクリックして、ダウンロードします。

  

  

■エクスポートカスタマイズする

  • [発注書][発注書(品目別)][請求書][請求書(明細別)]PDF/CSVデータをダウンロードする際に、データを絞り込んでさらにエクスポートする項目をカスタマイズできます。


メモ:

  • この機能はユーザー権限により制限があります。

  • 詳しくはこちらをご参照ください。


1. pasture画面上部の[管理]をクリックします。

2. [データエクスポート]をクリックします。

3. [エクスポートカスタマイズ]をクリックします。

請求書エクスポートページに遷移します。


メモ:[請求書]のエクスポートページで説明しております。[発注書][発注書(品目別)][請求書(明細別)]でも操作方法は同様です。


4. [①対象の請求書を選択]の[絞り込み]をクリックして出力条件を選択し、[検索]をクリックします。

絞り込んだ請求書が画面下部に表示されます。

5.[②フォーマットを選択]から、エクスポートするデータ形式を選択します。
[CSVカスタマイズ][CSV全項目][PDF]の中から選択します。


メモ:発注書(品目別)/請求書(明細別)のエクスポートカスタマイズの場合、[CSVカスタマイズ][CSV全項目]の2項目から選択します。


6. [CSVカスタマイズ]を選択する場合、[CSVカスタマイズ一覧]から出力したいデータを選択します。


a. [CSVカスタマイズ一覧]にある出力データから選択する

b. [カスタマイズを追加]で新しい出力データを作成する


【a. [CSVカスタマイズ一覧]にある出力データから選択する】

[CSVカスタマイズ一覧]にある出力データを選択する場合、該当の出力データ名称の左側にある選択欄をクリックします。


メモ:

  • 本機能リリース以前にpastureアカウントを発行した企業には、CSVカスタマイズ一覧に[pasture_初期プリセット(以前のフォーマット)]が初期実装されています。

  • 万が一誤って削除・編集してしまった場合は、お客様ご自身でもう一度同じフォーマットを作成してください。


【b.[カスタマイズを追加]で新しい出力データを作成する】


メモ:CSVカスタマイズ一覧は、企業ごとに共有されます。編集、削除される場合はお気を付けください。


[カスタマイズを追加]>[請求書CSVカスタマイズ]から、新たな出力データを作成することが可能です。

最後に作成したものが[CSVカスタマイズ一覧]の一番上に表示されるようになっています。並び順を変更することはできません。

 

  1. 出力したい項目を[項目一覧]の[+]からクリックして選択します。

  2. 選択された項目は[選択中項目]に表示され、[項目一覧]では[選択中]に変わります。

  3. [選択中項目]の[≡]をドラッグすると、順番を入れ替えられます。
    不要な項目は[×]で削除できます。

  4. [名称]を入力します。

  5. [保存]します。

  6. [CSVカスタマイズ一覧]の一番上に作成した出力データの名称が表示されます。

  7. 出力データ名称の左側にある選択欄をクリックします。

7.[③ダウンロードファイルを作成]をクリックします。


メモ:ダウンロードファイルを作成できる請求書の件数には制限があります。

  • CSV 無制限

  • PDF 1,000件まで

ダウンロードをリクエストするタイミングによっては、ダウンロードファイル作成に時間がかかる可能性があります。

PDF1,000件の場合、ダウンロードファイル作成まで20分程度を見込んでください。

月末月初でpastureにアクセスが多い場合はさらに時間がかかる可能性があります。

作成後にメール通知が届きますので、ご活用ください。


8.リクエストを受け付けた旨の通知が表示され、[④ダウンロード可能ファイル一覧]に[処理中]と表示されます。

9. ステータスが[完了]になると[ダウンロード]ボタンが表示されます。

10.[ダウンロード]をクリックしてダウンロードします。


メモ:ダウンロード可能になると通知メールが届きます。ステータスが[完了]に変わらない場合、画面を更新してください。


以上です。
 

 

回答が見つかりましたか?