タスクの単価や数量に入れた小数点を、費用の計算に反映させることができます。
(例)単価5000円 ✕ 時間1.5 = 発注額7500円

小数点設定フロー

※オーナー権限のみ設定可能です。

1. 管理タブの企業設定で「タスクの単価・数量の小数点サポート」を有効にします。

2.「金額の小数点以下を端数処理」の項目が現れるので、消費税が加算される前の金額計算時に、端数を切り上げもしくは切り捨てにするか選択し、「更新」をクリック。
※一度設定すると設定変更ができませんので、ご注意ください。

3.設定が反映されています。


回答が見つかりましたか?