【概要】

企業ユーザーには、役割(権限)を設定することで、利用制限がかけられます。情報管理や内部統制にお役立てください。詳細は権限一覧表をご覧ください。

 

■役割の種類 

オーナー

すべての機能をご利用いただけます。契約申し込みを行ったユーザーはオーナーとなります。

マスター

すべてのプロジェクト・タスク・請求書のやり取りができます。

メンバー

自分がアサインされているプロジェクトのタスク・請求書のやり取りができます。

経理

バックオフィスに関わる機能をご利用できます。経理による請求書承認を有効にしている場合、請求書の承認ができます。


 

 

■権限一覧表

■権限の想定

・pastureの管理者:オーナー

・プロジェクトを横断してパートナーのタスク・請求書管理をされる方:マスター

・現場で発注業務を行う方:メンバー

・経理業務やバックオフィスの方:経理



回答が見つかりましたか?