パートナーが請求書を作成する場合のフローは、こちらをご確認ください。

請求書の発行

pastureには、2つの請求書発行方法があります。

  • pastureで請求書を作成し、その請求書を発行
  • 手持ちの請求書をアップロードし、請求書を発行

この記事では、pastureで請求書を作成する場合について解説します。手持ちの請求書のアップロード方法に関しては、こちらをご参照ください。

また、請求書発行時に以下の設定が可能です。

  • タスクの追加
  • 複数のタスクをまとめて1つの請求書を作成(同じパートナーへの請求の場合)
  • pastureで発注していない案件をタスクを品目として請求書に追加
  • 経費の追加
  • 源泉所得税の有無設定
  • 源泉所得税(交通費)の有無設定

請求書のステータス

作成済み:作成済みでパートナーからの申請を待っている状態
申請中:
パートナーから申請を受け取っている状態
差し戻し:
パートナーに請求書を差し戻した状態
完了:
検収済みの状態

※ステータスの変更を行うには、ステータスの変更設定を「有効」にしておく必要があります。設定方法は、こちらをご確認ください。




請求書の作成

1. プロジェクト内の請求書一覧で【請求書を作成】をクリック。

2. 請求書作成画面に移動したら必須項目を入力し、【次へ】をクリック。
※請求日は月末、支払期日は翌月末にデフォルトで設定されています。
※源泉所得税の有無、経費に源泉所得税をかけるか否か、選択できます。

3. 入力事項を確認し、問題がなければ【作成】をクリック。
※企業様、パートナー様の情報は設定したものが自動的に反映されます。件名はプロジェクト名が自動反映されますが、プロジェクトをまたいだ請求書の場合、企業名が自動反映されます。件名はこちらの画面で変更可能です。

変更・追加できる項目の詳細

タスク:pasture上で案件管理したものを追加。当月に「提出済み」「検収済み」になっている案件は、自動で請求書に反映されます。また、その他のタスクについても【タスクを追加】より追加可能です。追加品目:追加品目がありましたら、追加できます。経費:経費を入力できます。領収書などのファイルを添付いただくことも可能です。

また、追加品目でマイナス計上できます。値引きを行いたい場合は項目を追加し、単価に半角のマイナス(-)をいれてください。

4.請求書が作成されました。




プロジェクトをまたいだ請求書作成のフロー

1. 請求書一覧で【請求書を作成】をクリック。

2. 請求したい全てプロジェクトを選択し、【選択】をクリック。

3. 詳細設定をクリックすると、メインとなるプロジェクトを選択することができ、メインプロジェクトの上長や経理が承認を行います。メインプロジェクトを設定しなかった場合は、プロジェクトの作成日が最も古いプロジェクトの上長や経理が承認者となります。

4. 各プロジェクトごとにタスクを追加し、請求書に紐づけることができます。この後は通常の請求書作成フローと同様に【作成】をクリックし、承認フローに移ります。



請求書の承認

1. 請求書が作成されると、パートナーは申請できるようになります。

2. パートナーが請求書を申請すると、請求書のステータスが【申請中】になります。問題がなければ、【確認する】をクリック。

3. 内容を確認し、【承認】または【差し戻し】をクリック。
※差し戻しを選択した場合、ステータスは「差し戻し」となり、パートナーに再申請してもらいます。

4. 請求書の承認が完了しました。ステータスが【完了】になっていることを確認してください。
※こちらは企業設定の上長設定で、請求書の承認を無効にしている場合の画面イメージです。




請求書のダウンロード

作成した請求書は、請求書詳細画面でダウンロードできます。【請求書ダウンロード】をクリックしてください。



社内での稟議・承認機能

管理メニューの企業設定において、請求書に対する上長・経理の承認機能ON/OFF設定が可能です。ONにしていると、プロジェクトの担当者が請求書の承認した後、上長申請ができるようになります。

回答が見つかりましたか?